Ryzen5 3600で6万円でゲーミングPCを組む

RX470を搭載し
安くても品質も忘れない

こちら

2019年5月版 予算別CPUのおすすめ

Core i9 9900Kのコア。自作PC予算別のおすすめCPU Core i9 9900K
広告
広告

PC構成15万円から  安定の高性能と満足感

Core i9 9900K 6万円

Core i9 9900Kのタスクマネージャー

この値段で8コア16スレッドのCPUです。タスクマネージャーを開くと窓が16個並んでいる光景は見るだけでワクワクします。最近1.5万円程度値下がりし、当初から良かったコストに対するロマンは更に上々です。本サイトではこのCPUを使って15万円程度で組みました。

現在の確認は下からお願いします。

ツクモCore i9 9900Kの価格

PC構成7,8万円から コスパ最高 ゲームメインで予算を抑えるならコレ 

Core i5 9400F 2万円

6コア6スレッドのCPUです。2万円程度で購入できるコスパ最強のCPUです。一点だけ注意点、内蔵GPUがありませんので、外部のグラフィックボードを必ず用意してください。
ベンチマークでドヤ顔することや動画のエンコード性能に興味がなく、ゲーム性能と予算のバランスを取りたい場合に おすすめします。

ツクモCore i5 9400Fの価格

Core i5 9600K 3万円

6コア6スレッドのCPUです。9400Fでは内蔵GPUがありませんので、それが気になる方はこちらをどうぞ。若干ですが、CPU自体の性能も良いです。

PC構成5万円から 安くて意外と性能いいゲーミングPC

Core i3 9100F

4コア4スレッドのCPUです。ターボブーストに対応して快適さが上昇しました。1点気をつけないといけないのは、内蔵GPUがありません。そのため必ずグラフィックスボードを用意してください。

ドスパラ Core i3 9100F

グラフィックスボードは、Radeon RX470のバルク品が値崩れして1万円程度で購入できます。

予算別マザーボードのおすすめ

予算別おすすめのマザーボードは↓の記事をどうぞ。

2019年マザーボードのおすすめ Z390インテル編
Z390マザーなら何でもいいか、と思いがちですが、それぞれ特徴があります。目安としては2万円台が中級品、3万円台以上は高級品(嗜好品)、1万円台はコスパ全振りと思ってください。予算と使うCPU別におすすめのマザーボードを紹介します...

15万円からのCore i9 9900K自作プラン

あなたのPCを教えてください

gvfmでは、自作PCの楽しさを多くの方に知ってほしいと考えています。意外と簡単に楽しく組み立てができるんです。

でも部品を選んで揃える工程は、ある程度の知識を要求される壁で有ることもまた事実です。

興味を持っている人がPC自作への最初の一歩を踏み出すため、あなたが選んだ(組み立てた)構成を是非シェアしてください。

コメント

Line@とYoutubeとTwitter

“品質とコスパ”のLINE@とYoutubeをはじめました!
Line@では特価情報などをお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

Youtubeチャンネルでは、動画であることを活かしてスマホの外観レビューや今後PC組み立て動画を投稿します。是非チャンネル登録お願いします。

Twitterでは気が向いたときに独り言をつぶやいたりお知らせをしています。