PC構成記事まとめ

10万円で大体快適なゲーミングも
黒でシックなFF15が4K快適判定も

こちら
品質とコスパ ロゴできました
品質とコスパgvfm.netロゴ

扱いやすいミニタワーPCケース Cooler Master MasterBox Q300L

PC
Cooler Master MasterBox Q300L ティッシュケースと大きさ比較

扱いやすい大きさのミニタワー型のPCケースです。オススメします。

このケースで、2台組み立てています。解説記事はこちら

Cooler Master MasterBox Q300L

ミニタワーPCケース、Cooler Master MasterBox Q300Lをご紹介します。これで一台組んだので、印象に残ったところを重点的にお伝えしようと思います。

取り回しのいい大きさ

当サイトでは、マイクロATXとミニタワーケースの組み合わせをオススメしています。

その理由がまさに取り回しのしやすさなのです。

机の上においても、ミドルタワーケースと比べ威圧感が少なくなります。

大きさをティッシュケースと比べてみて下さい。

Cooler Master MasterBox Q300L 大きさ比較
Cooler Master MasterBox Q300L 大きさ比較
Cooler Master MasterBox Q300L 大きさ比較 幅
Cooler Master MasterBox Q300L 大きさ比較
Cooler Master MasterBox Q300L 大きさ比較 奥行き
Cooler Master MasterBox Q300L 大きさ比較

マグネットで着脱できる前面パネル

前面・天面パネルは磁石式で着脱できる
前面・天面パネルは磁石式で着脱できる

おしゃれな幾何学模様はこのケースの良いアクセントです。

このパネルはマグネットで固定されていて、簡単に取り外すことができます。パネルはメッシュ状になっていて、ほこりフィルターを兼ねているようです。

パネルを外すと見える内側は、通気性が抜群に良さそうです。

内装が見えるアクリルサイドパネル

内装が見えるアクリルサイドパネル
内装が見えるアクリルサイドパネル

サイドはアクリルパネルになっていて、内装が見えます。

サイドパネル着脱のための手回しネジ

パネルの着脱は手回しネジを使います。最初は硬かったのでドライバーを使いましたが、メンテナンスが気軽にできそうです。

パネル端の処理もきれいです。

おそらく振動を防ぐ

パネルの内側にはクッション材が貼り付けられています。不快なビリビリ音を防ぐためでしょうか?

横置きができる

横置きができる足

このケースは、アクリルの反対側のパネルに足がついていて、横置きに対応します。配置の自由度が上がるので地味にありがたい機能ですね。

前面インターフェース

前面インターフェイスはUSB3.0が2口、電源、リセット、イヤホン、マイクです。

拡張性もあり

Cooler Master MasterBox Q300L
Cooler Master MasterBox Q300Lの内部

マイクロATXとミニITXに対応しています。拡張カードは36cmまでの対応です。

CPUクーラーの高さは16cmです。

無駄なスペースが無く、グラフィックカードは問題なく搭載できる大きさを確保しています。

軽いため持ち運びも比較的楽です。

裏配線スペースは28mm

裏配線スペース
裏配線スペース

裏配線スペースは28mmとしっかり確保されています。

付属ファンとファンの追加

ファンは背面に1つ付属しています。光ります。

ファンの追加は、フロントに12cmまたは14cmのものを2つ、上部に12cmを2つ、底部に12cmを1つです。

水冷ラジエターはフロントに24cmまで対応します。

手軽な大きさのケースを探しているならとてもおすすめ

マイクロATXに丁度いいコンパクトな筐体に、横置きもできたりと実用性に優れています。1台目の自作PCにもオススメします。

コメント

Line@とYoutubeとTwitter

“品質とコスパ”のLINE@とYoutubeをはじめました!
Line@では特価情報などをお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

Youtubeチャンネルでは、動画であることを活かしてスマホの外観レビューや今後PC組み立て動画を投稿します。是非チャンネル登録お願いします。