PC構成記事まとめ

10万円で大体快適なゲーミングも
黒でシックなFF15が4K快適判定も

こちら
品質とコスパ ロゴできました
品質とコスパgvfm.netロゴ

Unihertz Titan 現代のキーボード付スマホ

ほぼ1:1に近い縦横比の画面と物理キーボードを搭載するデカスマホUnihertz Titanの実機が届いたので紹介します。

少し前にクラウドファンディングで出資を募っていたものが、ついに日本のアマゾンで購入できるようになりました。

物理キーボードに魅力を感じるならおすすめします。

Unihertz Titanレビュー

名前の通りでかくて四角いスマホ、Unihertz Titanが届いたので所感を共有します。

Uniihertzってどんな会社?

Unihertzは中国深センにあるスマホ会社です。世界最小のスマホJellyやAtom、そしてこのTitanを作っています。

現在はkickstarterで小型スマホであるJelly2の出資を募っている、変わりものスマホの開発が得意な会社です。

大手ではありませんが、端末のアップデートをしっかりと配信してくれるので安心感があります。モデルのライフサイクルが比較的長く、売りっぱなしではありません。

まさにTitan

届いて本体を見たときの第一印象はまさに「デカイ」。

最初は数年前のBlackBerry Bold 9900の大きさをイメージしていましたが、圧倒的な大きさです。鈍器になりそう。

現代のまともな処理速度

決してフラグシップSoCを搭載しているわけではありませんが、普段のブラウジングやテキストが十分以上にスムーズに動く処理速度があります。

画面はきれい

色域も狭くなさそうな、きれいなIPS液晶を搭載しています。昔のJellyで不満があった方も心配しなくて大丈夫です。

物理キーボードは唯一無二

現行機種の中で物理キーボード付きの端末って他に思いつかないです。ほぼ唯一の競合であったBlackberry Keyシリーズも元気ありませんし。

コメント

Line@とYoutubeとTwitter

“品質とコスパ”のLINE@とYoutubeをはじめました!
Line@では特価情報などをお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

Youtubeチャンネルでは、動画であることを活かしてスマホの外観レビューや今後PC組み立て動画を投稿します。是非チャンネル登録お願いします。