Ryzen5 3600で6万円でゲーミングPCを組む

RX470を搭載し
安くても品質も忘れない

こちら

【7万円自作PC】Ryzen5 3600でゲーミングPCをOS込7万円で組む 自作PC

Ryzen5 3600 PC

コスパ最強なZen2世代のRyzen。その中でもコスパ重視派の味方であるRyzen 5 3600を使って、7万円でOSを含めてゲーミングパソコンを作る場合の構成例です。

フルHD解像度がターゲットのゲームでは、多くのゲームの通常設定で快適にプレイできる性能が得られます。

PC自作を迷っている方も、7万円と休日一日を使って、組んでみませんか。

Ryzen5 3600を使って、7万円でどこまでできるのか

7万円の予算でゲーミングPCを作る、一見無茶に思える企画ですが、意外となんとかなります。

7万円という予算

今回Ryzen5 3600を使うことを固定しています。これとOSの時点ですでに予算の半分が終わりました。

PCの組み立てには、

  • CPU 2.5万円
  • CPUクーラー
  • RAM(メモリ)
  • SSD(HDD)
  • グラフィックボード
  • マザーボード
  • 電源ユニット
  • PCケース
  • OS 1.3万円

が必要です。残りの予算で、CPU以外のこれらの部品を揃える必要があります。

OSはどうするのか

Webブラウズしかしない、とか、知識がある方はどんなOSを使うこともできますが、一般的にPCとして、特にゲームをしたい場合はWindows 10以外に選択肢がありません。

Windows10は、信頼できて安いところは現状ntt-xが良いかと思います。だいたい1.4万円です。

マイクロソフト(DSP) Windows 10 Home 64bit Jpn DSP DVD 【LANボード セット限定】 KW9-00137
Windows 10 Home 64bit Jpn DSP DVD 【LANボード セット限定】 KW9-00137(マイクロソフト(DSP)) 【セット内容】DSP版WindowsOSとLANカード各1本のセットとなります。※注意:新規インストール用の商品となり、セットパーツとの同時利用がライセンスの利用条件となりま...

OSを買って、残りの予算は5.6万円です。

Ryzen5 3600を使って6万円でゲーミングPCを作る

構成を選んでいきます。あまり贅沢は言えませんが、最低限の品質は確保します。格安BTOよりちょっと良いものができるはずです。

CPU Ryzen5 3600 2.6万円

新しいRyzen5 3600です。この下はRyzen3 3400Gですが、実質的に一世代前になってしまうので、ちょっと頑張ってRyzen5 3600を選びます。

普通に使えるCPUクーラーも同梱されているので、その分も相まってインテルCPUよりコスパは良いです。

RAM Crusial 8GB DDR4 2666 BLS8G4D26BFSBK 0.6万円

米マイクロン社のブランド、クルーシャルのDDR4 2666メモリです。

今回は予算の都合で8GBを一枚だけ使います。 後々の16GBへの増設を見込んだ選択です。

他のブランドで8GB*2枚、合計16GBで1万円ほどからありますので、少し予算がある場合はそちらをおすすめします。2枚あればデュアルチャンネル動作ができます。

SSD Crusial 250GB MX500 CT250MX500SSD1/JP 0.5万円

マイクロンのSATA接続SSDです。発売から1年ほど経過しましたが、この値段でDRAMキャッシュ有りのSSDです。

廉価な3000円程度の製品と比べ、性能の一つの指標であるTBW、どれだけのデータ量を書き込めるかの指標が3割ほど上回ります。繰り返しになりますが、DRAMキャッシュがついています。

グラフィックスボード Radeon RX 470 MINER 4G バルク 0.8万円

出力端子がDVI 1個のみですが、性能に対しての価格はとても安いです。デュアルモニターが不要であれば、十分アリな選択肢です。性能の目安としては、GTX1060 VRAM3GBモデルと比べ若干劣る程度です。一応VR使える程度の性能です。多くのゲームのFHD画質であれば通常設定で快適に遊べます。

マザーボード ASUS TUF B450M-PLUS GAMING 0.7万円

B450のマイクロATXマザーボードです。ASUSのTUFシリーズなので粗悪品では有りませんし安いです。しかしB450チップセットなので2000番台のCPUがBIOSアップデートのために必要です。マザーボードだけ店頭で購入しアップデートサービスを利用するか、今後のCPU換装を見越してX570マザーを買う方法もあります。

私のオススメは、Ryzen5 2400Gを購入し、サブ機も組み立てることです。

ドスパラ ASUS TUF B450M-PLUS GAMING

電源ユニット 玄人志向 KRPW-BK550W/85+ 0.6万円

この価格帯で一次側、二次側共に日本製の電解コンデンサを採用している550W 80+Bronze電源です。プラグイン式で使わないケーブルは外せるるのも嬉しいです。

ドスパラ KRPW-BK550W/85+

PCケース Thermaltake Versa H26 0.4万円

最近有名な4千円ケースです。評判もよくサイドがアクリルになっています。

ドスパラ Thermaltake Versa H26

OS無しで6.2万円、OS込で7.6万円になりました

少しオーバーしてしまいました。6千円の差額なので、実際の購入価格は7万円に近づく可能性もあります。

SSDと電源とメモリを安いものに一段ランクを落とせば7万円を切ります。処理性能はそのままです。

ですが、上記の構成が低価格ながらも品質が高めなので、長い間使うのであれば削らないことをおすすめしたいところです。

どうでしょうか。参考になれば嬉しいです。

コメント

Line@とYoutubeとTwitter

“品質とコスパ”のLINE@とYoutubeをはじめました!
Line@では特価情報などをお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

Youtubeチャンネルでは、動画であることを活かしてスマホの外観レビューや今後PC組み立て動画を投稿します。是非チャンネル登録お願いします。