給付金で作るゲーミングPC

大抵のゲームがそこそこ動く
安くても品質も忘れない

こちら

ミニタワーケースでも通気性抜群Meshify C Mini Dark TGレビュー

PC

MicroATXが搭載できるミニタワーケースです。
メッシュ素材で通気性がいいのが大きな特徴になります。

このケースで組んでみた記事はこちら

Fractal Designで静穏性をお求めならDefineシリーズをお勧めします。

Meshify C Mini Dark TG

通気性の良いケースで標準搭載のファンが2発

大抵1発しか載っていないファンが2発標準搭載されています。
メッシュ素材で通気性の良いケースですので、熱が籠る心配も早々ありません。
ガラスは手回しネジなので、メンテナンスのときにドライバも不要です。

Meshify C Mini Dark TG表側

裏配線しやすいスペース

とてもシンプルな裏配線スペースになっています。
結束バンドを留める場所も多く、左側に大きな配線スペースがあるため、ファンを増やしたり、簡易水冷でもごちゃごちゃの配線になりにくくなっています。
ただ、左側以外は少し配線スペースが浅いので、物によっては配線は考えないといけないかもしれません。

Meshify C Mini Dark TG裏配線

メッシュ素材でも掃除もしやすい

やっぱりメッシュ素材で一番気になるのは埃問題。しかし上はマグネット、下は引き出しのように外れるようになっているので、お掃除もしやすくなっています。
パソコン用の静電気除去はたきを用意しておけば、前方メッシュも併せて楽々お掃除可能です。

Meshify C Mini Dark TG掃除のしやすさ

ストレージの増設のしやすさが〇

しっかりと支えてくれるゲージ2つに、2.5インチSSD用のスペースも3つ完備。
SSD用のスペースの直下にも結束バンドを留める場所があるのも、たくさん積んだことを考えるとうれしいポイント。非常に増設しやすくなっています。

Meshify C Mini Dark TG裏面

スタイリッシュなデザイン

何と言ってもFractal Designはシンプルでスタイリッシュなデザインのケースが多いです。
このケースは前方のメッシュのデザインが個人的にはとてもかっこいいと思います。前面を光るファンに変えると、メッシュから光が漏れてくるので、光の自己主張が抑えられつつもかっこいい仕上がりになります。

ミニタワーになるとカラーもこちらしかありませんが、一回り大きいATXのものになれば、側面がガラスでないものやホワイトのもの等、色々選べるのがFractal Designの魅力です。

Meshify C Mini Dark TG

コメント

Line@とYoutubeとTwitter

“品質とコスパ”のLINE@とYoutubeをはじめました!
Line@では特価情報などをお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

Youtubeチャンネルでは、動画であることを活かしてスマホの外観レビューや今後PC組み立て動画を投稿します。是非チャンネル登録お願いします。