Ryzen5 3600で6万円でゲーミングPCを組む

RX470を搭載し
安くても品質も忘れない

こちら

Ryzen マザーボードおすすめ X570

マザーボード-gigabyte-z390-AORUS-ELITE-本体 PC

こんにちは、gvfmの ゆば です。

Zen2世代、Ryzen 3000番台のCPUに向けたおすすめマザーボードを紹介します。

この記事ではAMD Ryzen向けのマザーボードを記載しています。インテルCPU用は↓の記事をどうぞ。

B450も含めてマザーボード全体の価格帯の目安ではインテル系と同様、1万円台がコスパ全振り、2万円クラスが電源・安定性重視の中級品、3万円以上はオーバークロックなどハイエンド機(嗜好品)のイメージは変わりません。

しかし、X570チップセットのマザーボードに絞ると、各社ともに2万円でコスパと品質重視、3万円かそれ以上でこだわりの品といった印象を受けます。

オーバークロックはやらない、もしくはお遊び程度で、基本的には安定性を重視する方を対象に、品質とコスパに優れたマザーボードを選びました。

PCIe 4.0などなど、3年後の拡張を考えるとX570チップセットのマザーボードをおすすめします。

マザーボードの特徴は公式サイトがわかりやすいです。それぞれリンクを張ります。

2万円でコスパと品質重視のX570マザーボード

Ryzen9 3900XやRyzen9 3950Xでも定格で安定して使えます。あまり拘りがないのであれば、十分な性能と品質があります。

ASUS TUF GAMING X570-PLUS 2万円

ASUSの安定性を売りにするシリーズTUFのX570マザーボードです。ASUSでX570では、この価格帯で唯一の選択肢です。

3万円クラスのマザーボードとの分かりやすい違いは有線LANがRealtek製である事くらいでしょうか。

PCI-Eスロットが壊れにくくなっています。

TUF GAMING X570-PLUS | マザーボード | ASUS 日本
PCIe 4.0、デュアルM.2、14個のDr. MOSパワーステージ、HDMI、DP、SATA 6Gb/s、USB 3.2 Gen 2およびAura Sync RGBライティング付きAMD AM4 X570 ATXゲーム用マザーボード

ドスパラ ASUS TUF GAMING X570-PLUS

GIGABYTE X570 AORUS ELITE [Rev.1.0] 2.4万円

背面に加え、フロント用にもUSB-Cコネクタがあります。そしてインテル製の有線LANが搭載されています。

X570 AORUS ELITE (rev. 1.0) | マザーボード - GIGABYTE Japan
AMD X570 AORUS マザーボード(DrMOS 12+2 フェーズ・デジタル電源設計, 高効率大型ヒートシンク形状 , 2連 PCIe 4.0 M.2; 単装 Thermal Guard 付, Intel GbE 有線 LAN, フロント USB Type-C ヘッダピン, RGB Fusion 2.0...

ドスパラ GIGABYTE X570 AORUS ELITE [Rev.1.0]

3万円で更にちょっと良いX570マザーボード

2万円のマザーボードでも基本的にしっかりとした部品が採用されていますが、3万円クラスになると贅沢仕様になります。

GIGABYTE X570 AORUS PRO [Rev.1.0] 3万円

上に記載したAORUS Eliteから、電源供給と冷却性が更に強化されます。

X570 AORUS PRO (rev. 1.0) | マザーボード - GIGABYTE Japan
AMD X570 AORUS マザーボード(IR 12+2 フェーズ・デジタル電源設計, 高性能 Fins-Array ヒートシンク形状 & ヒートパイプ, 2連 PCIe 4.0 M.2 Thermal Guard 付, Intel GbE 有線 LAN, USB Type-C, RGB Fusion 2.0...

ドスパラ GIGABYTE X570 AORUS PRO [Rev.1.0]

ASUS ROG STRIX X570-F GAMING 3.2万円

ヒートパイプを使った冷却など、ASUSのTUFと比べ電源と冷却とオーディオが更に強化されます。

ROG Strix X570-F Gaming | マザーボード | ASUS 日本
PCIe 4.0、Aura Sync RGBライティング、Intel Gigabitイーサネット、ヒートシンク付きデュアルM.2、SATA 6Gbps、およびUSB 3.2 Gen 2を搭載したAMD X570 ATXゲーミングマザーボード

ドスパラ ASUS ROG STRIX X570-F GAMING

とにかく安く作るならB450

発売から時間が経ち、B450マザーボードが随分と安くなっています。安さを重視して組むのであれば、例えばRyzen 5 2400GとB450マザーの組み合わせも魅力的です。

ASUS TUF B450M-PLUS GAMING 0.8万円

MicroATX規格のマザーボードです。 Ryzen 5 2400Gとの組み合わせで、OS込5万円で一台組み立てもできそうです。

コメント

Line@とYoutubeとTwitter

“品質とコスパ”のLINE@とYoutubeをはじめました!
Line@では特価情報などをお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

Youtubeチャンネルでは、動画であることを活かしてスマホの外観レビューや今後PC組み立て動画を投稿します。是非チャンネル登録お願いします。