Ryzen5 3600で6万円でゲーミングPCを組む

RX470を搭載し
安くても品質も忘れない

こちら

Umidigi S3 Proは4800万画素のカメラが面白そう【作例あり】

UmidigiS3Proのセラミック背面 スマホ

近日発売のUmidigi S3 Pro

UmidigiさんからS3 Proの資料を頂いたので、特にポイントと思われるところを記事にします。実機は試せていませんのであくまでメーカー発表とUmidigiの方に聞いた内容が元になっていることをご了承ください。

Umidigi S3Proの発売日は3月18日の予定

2月28日追記:

Umidigi S3 Proは3月18日の発売を目指しているそうです。予定通りに発売される事を願う限りです。発売から遅れる可能性もありますが、日本のアマゾンでも取り扱いされると思われます。

4800万画素カメラ Sony IMX586センサー搭載

Umidigi S3 Proのカメラ 1/2インチサイズのセンサー

最初見た時、驚きました。でも画素数が増えるのは嬉しいけど、スマホの小さなセンサーに48MPも載せて、ノイズは大丈夫なの・・・?と疑問もありました。

どうやらうまく処理するようで、光量が少ないところでは1200万画素相当まで画素数を下げて(補完するかもしれませんが)その分ピクセルサイズを大きくして使うとの事です。

センサーサイズは1/2インチ

48MPの画素数を誇るメインカメラのセンサーサイズは1/2インチです。大きいです。

ちなみにPixel3やiPhone XS広角側のセンサーサイズは1/2.55インチです。

ピクセルサイズは0.8μm、暗いところでは1.6μm相当

ピクセルサイズは通常時は0.8μmの大きさですが、光量が足りないところでは4つのピクセルを使って1.6μmの大きさとして使います(加算)。

Pixel 3やiPhone XS,XRは1.4μmなので、通常時はこれらより小さく、加算時は大きいです。

IMX586のソニーのプレスリリースを確認すると、画素ピッチ0.8μmは世界最小で、従って1/2インチのセンサーサイズで4800万画素を実現したのは世界で初めてとのことです。

ただしそれぞれの画素のサイズは小さい(世界最小)な訳ですから、暗いところでは不利になります。これを解消するために4つのピクセルを1つとして使う技術が載っています。この状態では1200万画素として機能します。

光学式手ぶれ補正はなし

残念ながら光学式手ぶれ補正はありません。

ソフトウェアに期待

最近のスマホでは、「センサーよりソフトが大事」と良く言われます。せっかく面白いセンサーを搭載しているので、ソフトウェアの作り込みも期待したいところです。

Umidigi S3 Proの4800万画素カメラで撮影した写真サンプル

Umidigi S3 Proの4800万画素カメラで撮影した写真サンプル
Umidigi S3 Proの4800万画素カメラで撮影した写真サンプル

ここから解像度2500*1875、1.51MBの圧縮率少なめで確認できます。長押し・右クリックから保存できます。

6.3インチの水滴型ノッチディスプレイ

UmidigiS3Proのディスプレイ ノッチを隠した状態

アスペクト比19.5:9の縦長ディスプレイを搭載しています。

6.3インチで解像度は2340*1080です。

水滴型のノッチですが、上記の画像では隠しているようです(隠すモードが期待できますね)

セラミック製のバックパネル

Umidigi S3 Proのセラミック製背面
Umidigi S3 Proのセラミック製背面

最近ごく一部のハイエンド機種で採用されるセラミック素材をバックパネルに使っています。

USB TypeC

Umidigi S3 ProはUSB-Cでイヤホンジャックあり
Umidigi S3 ProはUSB-Cでイヤホンジャックあり

充電とデータ転送はUSB-Cです。

この価格帯のファーウェイ機種ではMicroUSBなので嬉しいポイントです。

18Wの充電とOTGに対応しています。

3.5mmイヤホンジャック搭載

何かと便利な3.5mmのイヤホンジャックは残っています。

技適は検討中

堂々と日本で使うためにぜひ技適マークを取得してほしいところです。

Umidigiの方に聞いた限りでは、技適の取得は未定とのことでした。ただUmidigi側でも日本市場を大切にする意志があるようなのでちょっとは期待できるかもしれません。ぜひ取得してください、と伝えました。

重いゲーム、PUBGがスムーズに動くと謳う

UmidigiS3ProでPUBGがスムーズにプレイできる

メーカーから提供された画像の中にPUBGで遊んでいるものがありました。”It can run the heavy games smoothly like PUBG.”と言っていますが画質やフレームレートの設定には触れていませんので、実際に試したいところです。少なくともある程度画質を落とせばスムーズに遊べることは間違いなさそうです。

Umidigi S3 Proのスペック

  • SOC: Helio P70 (Snapdragon 660相当)
  • RAM: 6G RAM, LPDDR4X
  • ROM:128GB
  • 背面メインカメラ:Sony IMX586 4800万画素 センサーサイズ1/2インチ  F値 1.7
  • 背面望遠カメラ:Samsung S5K3M5 1200万画素 F値 2.2
  • 前面カメラ: Sony IMX 376 1200万画素 F値2.0
  • ディスプレイ:6.3インチ 解像度2340*1080 液晶
  • 3G: 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19 FOMAプラスエリア対応
  • LTE: 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28 ドコモプラチナバンド対応
  • 重量:216.6g

動画

カメラ

3月18日発売予定のUmidigi S3 Pro ソニー製4800万画素カメラが面白い

追記します

Line@はじめました

“品質とコスパ”のLINE@はじめました!
更新情報や動画にまでは出来ない情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

LINE Add Friend

動画投稿はTwitterでもお知らせしています。

コメント

Line@とYoutubeとTwitter

“品質とコスパ”のLINE@とYoutubeをはじめました!
Line@では特価情報などをお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

Youtubeチャンネルでは、動画であることを活かしてスマホの外観レビューや今後PC組み立て動画を投稿します。是非チャンネル登録お願いします。