Ryzen5 3600で6万円でゲーミングPCを組む

RX470を搭載し
安くても品質も忘れない

こちら

3万円を切った!最安のSnapdragon845 GalaxyS9やXperia XZ3と同じ性能のPocophone F1

Snapdragon 845搭載で最安のスマホ スマホ

Snapdragon 845 搭載の最安スマホ Pocophone F1

2019年6月追記:※祝 3万円切りました!!!

Xiaomiから発売されたPocophone F1が私が調べた限り2019年6月時点で最安です。今後もこの傾向は続くだろうと思います。随時更新していきます。

Xiaomi Pocophone F1はGalaxy S9 や Xperia XZ3等と同じ性能で3万円台です!!!

なぜ記事にするほど騒ぐかというと単純に安すぎるからです。

低い性能のスマホが安いのは当たり前ですが、今回はiPhone XSと張り合う性能の端末が3万円台で買える衝撃を皆さんに共有です。

Snapdragon 845搭載で最安のスマホ

その端末はこのXiaomi Pocophone F1です。

ご存知のかたも多いと思いますが、中国のアップルと呼ばれるシャオミ製の最新端末です。現世代で最高スペックのSnapdragon 845を搭載し、38,000円で買えます。

セールではさらに値下がりすることもあります。

国内のSimフリー端末市場ではこの価格帯ではミドルレンジのSOC(スマホの頭脳)を搭載した端末になってしまいますが、この端末はGalaxy S9 や Xperia XZ3といったフラグシップ(最上位)モデルと同じ頭脳を持っています。

Snapdragon 845を搭載したGalaxyやXperiaは安くても定価8万円程度の価格帯ですから、半額以下という見方もできます。

もはやゲーミングスマホのPocophone F1

スペックについては、まずはSOCがQualcommのSnapdragon 845です。これだけで最上位パフォーマンスの裏付けです。

そして3Dゲームなど長時間連続プレイをしたい場合は冷却が重要です。サンワサプライなどから空冷ファンが出ていますが、持ち歩きが不便になるので筐体内で冷却してくれるのが理想です。この点、しっかり液冷システムが内蔵されていて安心できます。

パフォーマンスは? Umidigi F1とXiaomi Pocophone F1の比較

わかりやすくベンチマークを参考に貼っておきます。

Xperia XZ3 や Galaxy S9と同等のSOCを搭載しているので、それらと大きく異なることはありません。誤差レベルです。

ここでは価格帯が似ているUmidigiの2万円スマートフォン Umidigi F1と比較します。

搭載されているSOCはHelio P60です。

Umidigi F1(Helio P60)antutu 7.xのスコア目安は:

総合:138,000

GPU: 30,000

です。ゲームには3D(GPU)の性能が重要です。

Xiaomi Pocophone F1 (Snapdragon 845)の antutu 7.x スコア目安は:

本記事の主役Xiaomi Pocophone F1のスコア目安は:

総合: 270,000

GPU: 110,000

かなり違いがありますね、4倍近いスコアです。そもそも価格を重視して性能を妥協するミッドレンジのSOCと、値段を気にせずパフォーマンスを追い求めるSOCで比較すること自体酷なことではあります。

どっちがいい?

※お財布次第ですが、もしあなたがゲームを重視するなら迷わずXiaomiのPocophone F1をオススメします。価格は↓からご確認ください。逆にあまりゲームをしない方はUmidigi F1 が安いです。

Umidigi F1でも荒野行動やPUBGは設定を十分に下げれば実用的に動作するようですから、割り切り方によってはアリな選択です。でも1万円強の追加で4倍近い性能が手に入ると考えれば、ゲームをするならXiaomiのPocophoneが良いのではないでしょうか。XperiaやGalaxyなどAndroid陣営のフラグシップモデルに搭載されている頭脳が3万円台で手に入るわけですから。

Pocophone F1はXperiaやGalaxyとほんとに同じ?

もちもん違いはあります。

処理性能はほとんど同じですが、カメラは光学式手ぶれ補正がありません。とは言っても電子式手ぶれ補正はもちろんついていますし、ソニーのイメージセンサーIMX363を搭載しているので日常で不満を持つことはないでしょう。このセンサーを搭載している端末はどれもDXOMARKで90点台の高得点(Zenfone5: 90 、Mi8: 99)です。

30fpsですが4K動画にも対応しています。そしてなんとh.265記録にも対応しています。

そして筐体はプラスチックです。最近は珍しいですよね。本当に性能に予算をを全振りした気持ちよさがあります。

それにしても、Snapdragon845搭載で相場の半額以下ですから、十分以上の価値があります。これ買えば3年は満足に使えるでしょう。

届きました。外装レビュー

Pocophone F1が4日で届いた。安っぽくないよ【外装レビュー】

どこで買えるの?

値段は随時変動しますので、下のリンクから確認をお願いします。

PocophoneF1の価格はここからどうぞ。

Snapdragon 845搭載で最安のスマホ

追記:Galaxy S9が値崩れで5万円切り

Galaxyが8万円台と記載しましたが、au版Galaxy S9の未使用品(いわゆる白ロム)が5万円程度で出ています。au版なのでアップデートが遅かったり、プリインストールアプリが消せなかったりとデメリットもありますが、カメラは優れています。1.5万円程度の差額ですね。

Line@はじめました

“品質とコスパ”のLINE@はじめました!
お得な情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

LINE Add Friend

コメント

Line@とYoutubeとTwitter

“品質とコスパ”のLINE@とYoutubeをはじめました!
Line@では特価情報などをお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

Youtubeチャンネルでは、動画であることを活かしてスマホの外観レビューや今後PC組み立て動画を投稿します。是非チャンネル登録お願いします。