Ryzen5 3600で6万円でゲーミングPCを組む

RX470を搭載し
安くても品質も忘れない

こちら

Core i9 9900K を虎徹で空冷する

CPUクーラー サイズ 虎徹 Mark 2 本体 ヒートシンクとファン Core i9 9900K
CPUにCPUクーラー虎徹を取り付けたマザーボード

この記事で、Core i9 9900Kを虎徹Mark2で空冷する構成を紹介しています。

実際に虎徹で空冷してみて、わかっている範囲で皆さんにシェアします。

※その後忍者五に換装しました。記事の下に動画で紹介しています。

広告
広告

虎徹とは

皆さんご存知、コスパの良いCPUクーラー虎徹Mark2です。3500円程度で購入できます。

CPUクーラー サイズ 虎徹 Mark 2 pakke-ji
CPUクーラー サイズ 虎徹 Mark 2 本体 ヒートシンクとファン

Core i9 9900Kとは

このページを見ている方には説明不要と思いますが、発売前、直後のレビューや噂では無限5や本格水冷でも厳しいと評判のCPUです。

Core-i9-9900k-package

Core i9 9900Kは空冷CPUクーラー虎徹で冷えるのか

本題です。前提として、ここでは定格、マザーボードはGIGABYTE Z390  AORUS ELITEのデフォルト設定、PCケースはFractal Design Define Cで、ファン類はすべて付属のものです。

室温20℃

アイドル状態:24℃で安定

※一回目のグリス塗りに失敗し温度が上がりすぎてしまいました。

日常作業 ※グリス失敗

WebページをF5連打で読み込み:55℃

zipファイル展開:38℃

広告

ベンチマーク ※グリス失敗

CINE BENCH1回:

最高:85℃

3秒後:43℃

CINE BENCH3回:

最高:100℃

3秒後:45℃

日常作業 ※グリス成功

WebページをF5連打で読み込み:51℃

zipファイル展開:35℃

ベンチマーク ※グリス成功

CINE BENCH1回:

最高:76℃

3秒後:31℃

CINE BENCH3回:

最高:99℃

3秒後:36℃

冷えない

冷えません。最初はグリスに失敗して塗り直しましたが、塗り直したあともCINEBENCH3回では99℃、サーマルスロットリングのお世話になる結果でした。虎徹じゃ力不足のようです

冷やす

ワット制限で冷やす

UEFI 設定からCPUの(電圧でなく)電力制限で、5W下げた値を設定したところ、CINEBENCH3回で67℃程度で安定しました。パフォーマンスは1割程度の低下です。私はひとまずこれで運用しようと思います。

2019年6月追記: CPU-Z負荷試験では80℃台で安定

9900K空冷 虎徹の温度変化CPU-ZとCinebench R20
9900K虎徹温度変化CPU-ZとCinebench R20

季節が変わり室温25℃の環境ですが、CPU-Z負荷試験では80℃台で安定しました。Cinebenchでは早々に100℃に達してしまいます。Premiereでエンコードしている時も、連続使用では100℃になってしまうみたいです。

Core i9 9900Kが空冷できる派と出来ない派に分かれる原因はコレな気がします。この記事の結論としては、すべての場合に冷やしたいなら虎徹より上のクーラーをおすすめします。高負担な処理を連続して行わないなら、虎徹でもいいのかなと思います。

CINEBENCHだけ温度が高い

動画のエンコードでは、マザーボードデフォルト設定、CPU使用率100%、全スレッド4.7Ghzの状態で70℃台前半で安定しました。この温度であれば問題ないかと思います。(2019年6月追記:重い4K動画を書き出し中に100℃に達しました)

CINEBENCH以外なら虎徹で問題ないですが、上位機種の無限5の方が冷えます。

価格差2,000円程度でヒートパイプが8本から12本に増えて、ヒートシンクも大きいです。

もっと冷やしたい方は忍者5ですかね。


忍者五に変えました

コメント

  1. […] Core i9 9900K を虎徹で空冷する […]

  2. […] 2: Socket774 2018/12/24(月) 10:33:08.58 ID:9nrTeZ7r0EVE .net ore i9 9900K を虎徹で空冷する (失敗してる) https://gvfm.net/core-i9-9900k-kotetsu/ […]

Line@とYoutubeとTwitter

“品質とコスパ”のLINE@とYoutubeをはじめました!
Line@では特価情報などをお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

Youtubeチャンネルでは、動画であることを活かしてスマホの外観レビューや今後PC組み立て動画を投稿します。是非チャンネル登録お願いします。

Twitterでは気が向いたときに独り言をつぶやいたりお知らせをしています。