Ryzen5 3600で6万円でゲーミングPCを組む

RX470を搭載し
安くても品質も忘れない

こちら

Umidigi F1は超コスパでゲームしない方にオススメ

Umidigi F1はゲームしないあなたにオススメ。技適は3月予定
広告
広告

Umidigi F1は日本のアマゾンで買えます

結構なメリットですよね、amazon出荷(FBA)在庫があればすぐに届きます。不良があったときもアマゾンが対応してくれるので心強いです。(万が一Umidigiが返品を拒否したくても、アマゾン様が味方になってくれます)

良心的な価格

2019年6月追記:2万円を切りました!

海外の通販サイトから購入の場合と比べても価格差が少ないか、逆に安いです。amazonに出品すると手数料が高いので値上がりすることが多いですが、この商品の場合は当てはまらないようですね。よっぽどな理由がなければamazonからの購入で間違いないでしょう。

技適認証あり!

待望の技適認証がされました!中国新興メーカー製の端末の中では貴重で、これだけでも価値があります。

以前Umidigiの日本担当の方に質問したところ、Umidigi F1の技適マーク取得(表示)は3月頃を予定していると回答をもらいました。実際には若干遅れましたが無事認証されました。担当者の方の対応も丁寧で、本気で良いものを提供しようとする意図が伝わってきます。

オマケの情報として、Umidigi A3も技適を取得しています。

Helio P60搭載

全体的にSnapdragon 660に近い数値ですね。

CPUはすごい

CPUのantutuスコアはおよそ6万点です。 Snapdragon 800番台では、820と835の中間、820寄りといったところでしょうか。有名な機種では、Xperia XZや Galaxy S7の世代で採用されています。

2万円代前半でこのスコアはすごいですね。

GPUはちょっと残念

一方でGPUのスコアはおよそ3万点と、CPUの良さが際立つだけに少し見劣りします。Snapdragon 810が近い数値ですね。有名所では、Xperia Z4,Z5やNexus 6Pが採用しています。

あまりゲームをしないなら最高では?

PUBGや荒野行動も設定を下げれば動きますが、たくさんゲームをするなら(ゲームが目的なら)XiaomiのPocophone F1を選ぶのが無難でしょう。1.5万円ほどで、GPUの性能が4倍近くに上ります。

逆に、Youtubeを観たりLineをしたり、グラフィックを酷使しない使い方なら非常に快適です。

CPUスコアが高いので、この用途ではまさに最適と思います。

カメラもまあまあ良さそう

光学式の手ぶれ補正はありませんので暗所では手ブレしやすいですが、レンズ自体はF1.7の明るいものを搭載しているので、そこそこの画質は期待できそうです。

メインカメラのセンサーはサムスン製で、センサーサイズは1/2.8インチです。ピクセルサイズは1.12マイクロメートルです。

センサーサイズはiPhone Xのと同じですが、ピクセルサイズで比べると、画素数が大きいだけ劣ります。

ただし、めちゃくちゃ小さいわけでは無いので、そんなにがっかりするような事はないでしょう。なんと言っても2万円前半で買える機種ですから。

amazonの価格

クリックで現在の価格を確認できます。



無事技適認証済みとなりました。安心して国内でも使えます。

いま旬なスマホまとめ

Umidigi F1以外にもおすすめスマホがあります。価格帯別にまとめました。

Line@はじめました

“品質とコスパ”のLINE@はじめました!
更新情報や動画にまでは出来ない情報をお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

LINE Add Friend

コメント

Line@とYoutubeとTwitter

“品質とコスパ”のLINE@とYoutubeをはじめました!
Line@では特価情報などをお届けしますので、下記のリンクから友だち追加してみてください。

Youtubeチャンネルでは、動画であることを活かしてスマホの外観レビューや今後PC組み立て動画を投稿します。是非チャンネル登録お願いします。

Twitterでは気が向いたときに独り言をつぶやいたりお知らせをしています。